ニキビの種類と効果的なスキンケア🍀

思春期~大人まで、にきびの種類はさまざま。

実際には傷の一種である可能性も。

膿疱、にきび、膿疱等‥


にきびの原因のほとんどは


毛包ー毛が成長する小さな皮膚の空洞に

汚れ、化粧品の鉱物油洗い残し、

皮脂、ケラチンの様な脱落した皮膚の破片が詰まり、

黒ずみや白頭となります。


にきびの症状は、


通常は痛みを感じませんが、

毛包にバクテリアが入り、

ピンク色の中に白い隆起がある場合は膿疱となり、

オイルやバクテリアが皮膚のより深層に移行すると

丘疹や固くて赤い隆起になります。

このにきびの原因となる細菌がさらに深く以降すると

結節や嚢胞となり、痛みも伴い対処するのが難しくなってしまいます。


にきびの対処方法で気をつける事は・・・


・自分でつぶすのを避ける。

膿や細菌で満たされた隆起や黒ずみがある場合、

瘢痕、腫れ、色素沈着障害が起こる場合があります。

まれにですが細菌が拡がって

蜂巣炎となってしまう可能性もあります。

(発赤・腫れ・痛みを伴う皮膚感染症で、

抗生物質による治療が必要です。)


安全なニキビケアの方法


穏やかに対処するには、

スチームで温める方法がオススメ。

蒸気の熱と湿気が皮膚の毛穴を開き、

目詰まりを起こしているくすみをほぐしてくれます。


簡単なホットタオルのニキビケア


清潔なフェイスタオルをお湯で温め、

顔全体にあてて5分蒸気で蒸らします。

(やけどする程の熱さで無く、心地よいと感じる程度)

次にニキビ部分を中心にホットタオルをあてて優しく押します。


ニキビケア洗顔のコツ


まず最初に手を洗い、

次にpHバランスのとれたクレンザーで洗顔します。

重要なのは、肌を乾燥させない様に

PHバランスの取れたクレンザーを使用すること。

自分自身の天然の皮脂を取り除かない事がとても大切です。


ニキビの予防


ニキビの対処法も重要ですが、

一番大切なのは予防

バランスの取れた食事、睡眠、清潔

そして自分の肌に合った洗顔料に出会う事がとても大切。

皮膚は、体重の約16%を占める人体最大の臓器、

健やかで美しい、強い肌=健康の秘訣ですね😊


#ニキビ #スキンケア #敏感肌 #ニキビケア #肌 #荒れ肌 #質改善肌 #トラブル肌 #スキンケア商品

0回の閲覧

​Foliage

© 2013 by Foliage. All rights reserved.